読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

杉本眞人で松谷


ピッチング・スピードアッププログラム

野球をやるための魅力というのありますけれども、それは速い球を投げるに関してというひいては、球を遠くに飛ばす実態。それがロマンだのですよね。
それでですけれども、
1つのことに絞って、書いていこうとしてあるのです。
それで、今回は遠くに飛ばすことに焦点を当てたいというね。
そこでですが、ピッチングスピードプログラムというのがありまして、それを始めるトレーナー森部くんが、どのようにしてスピードアップする展開のツボを教えておる。
その森部くんも、九州共立大学の准批判もやっていられるそうで、様々方を教えておる。それで、九州共立大学ということになりますって、生徒をやっぱし報じる機会もあるかと思います。こうして、達人にもなったスポーツマンも要る。
森部くんの指南にて、達人野球スポーツマンになった方もあるプログラムを参考に速い球を投げ入れる実態できるようになればと思われますね。

そのプログラムなのですけれども、元達人野球スポーツマンなのですが、こんな方も吊り上げるプログラムだのですよ。
その森部くんのやる、行っているプログラムとして行っているスポーツマンっていうのは、ソフトバンクの高橋スポーツマンや、WBCで優勝投手にもなり、元近鉄、中日、USAで活躍した、今は、中日ドラゴンズで、2軍で投手コーチをやっている大塚晶則さんね。彼も行っていらっしゃるこのプログラム。
達人だけでもなく、半人前も通用する風情となっており、九州共立大学をはじめ、生徒、高校、はたまた子供までが通じるそんなプログラムになっているわけであります。

そういったプログラムでの最大のものとなるのは、
しなやかで強いコンディションつくりといった、ポテンシャルを引き出すトレーイングをするための副産物と申しますか?そのおかげで、速く球をなげる実態できるように、3ケ月で15食い違いアップするようにできるようになっていらっしゃるので、安心してプログラムを行いましょう!

このプログラムをやられているソフトバンク高橋秀聡くんは、今は、引退されてはしまいましたが、こんな投手でした。
位置づけ後の祭りから150食い違い近くの進度ボールを投げる実態できるのは、相当な展開と、過度後の祭りについて、進度が出づらい形であることですが、それで走り回りボールだせることは、大学時世で、用心になったトレーナー。准批判だ森部くんの指令にて、高橋くんは、手っ取り早いボール、進度ボールを投げる実態できるように、九州であり、地元球団だ、ホークスにはいる実態できたので、高橋くんは、ここで、達人野球スポーツマンになるという空理空論をかなえたわけであるのです。
それは、ひとえに、やはり高橋くんのエネルギーは当然あるのですけれども、そういった展開を大学時世から継続的に行ったことにより、位置づけ後の祭りという形で抑止や隔たりの程度やキレで勝負するタイプではなく、パワー勝負できるようになったかもしれないです。

談話が飛んでしまいましたが、高橋くんは、位置づけスローでありながら、フランクで圧す部門の投手でした。それはあらかじめ、展開の利益でしょうね。
高橋くんの価値だ位置づけスローでのパワーピッチング。これは、位置づけスローでの投手。これは90ご時世最高の投手の1やつだ、斎藤雅樹。いま、ジャイアンツの2軍オーガナイザーだのですけれども、彼ぐらいですか?
位置づけスローでのパワーピッチング。それを可能にしたのは、球の速さ。これを可能にするのは、コンディションを仮にしなやかにそうして、著しいコンディションがあるからこそ、可能ですよね。
但し、彼が成功できなかったのは、外傷とかもあったのでしょうが、抑止という店ね。これは知恵もありますし、あとは、対話とか、展開だけではできないことです。
も、そういった展開プログラムのおかげで、速い球を投じる実態やれることは、恐ろしいアドバンテージになります。
そのことを肝に銘じたいですね。

そして、そういった森部トレーナーのエースのやつくん。こうした言いかたはこれですけれども。元マスリーガー、WBC優勝投手の大塚くんですよね。
その大塚くん。それについて、書いていきたいと思いますね。
近鉄であの野茂スポーツマンののちに、野茂スポーツマンの近鉄時代の背番号「11」を引き継いだスポーツマンであり、引き下げの切り札として、大活躍し、2001年齢の近鉄バファローズの最後の優勝のときの、引き下げの切り札でありましたね。
感じとしては、強い真面目といった縦に後ずさるスライダーが感じのスポーツマンでしたね。
こうして、そのあとなのですけれども、中日ドラゴンズに移籍して、岩瀬スポーツマンが、引き下げの切り札になるまえのクローザーとしても活躍しまして、念願のUSAに移籍。
USAもクローザーとして、そしてですよ。第1回のWBCありましたが、あの実態、イチローといった大塚投手がUSAで活躍していたマスリーガーとして、登場しまして、参加しまして、クローザーとして活躍しました。

そのときの大塚投手。
決勝のキューバ戦で、8回から2イニング引き下げで登板して、優勝投手になりました。あのときは、単純にうれしかったですよ。信者から言わせるといった。
地方崎捕手って抱き付いていた、大塚投手のあの混合懐かしいし、思い出しますね。
こうして、USAでパコーデでシーズン30抑止も記録した。バッチグーでしたが、そのあと、故障してからは、苦難の連続であり、そのあたり、はたから見て大変だったな?って思ってはいたのですよね。
そんなこともありますけれども、最後は、達人野球独り立ちリーグだ、BCリーグの信濃グランセローズプレイングマネージャーとなって、なので、復興はできなかったですけれども、大塚投手は、ここで、若手、達人野球スポーツマンを育てるような部位になり、引退して、今は中日の2軍投手コーチになり、USAも活躍した勝負、ケガから長くリハビリしていた勝負を大塚くんは、コーチになって活かしていけたら、は思いますね。

談話は、果たしてずれてしまったのですけれども、
いかなるほうが、高橋くんや大塚投手などの元達人野球スポーツマンもやっていたこのプログラムだのですが、どんなお悩みをしているこんなほうがやっているのか?というね。
如何なるお悩みかと申しますといった。
人一倍、展開程度はこなしているのに、球速が伸びない…
今の指令方法や展開は、案の定利口だろうか…
などというものの、そういったお悩みをしている落とし穴は強いと思われます。
どうすれば、一際元達人野球スポーツマンの高橋くん、大塚くんという殊更すばやい球をいかにして、投げる実態できると想うのか?
ピッチャーとしての理想的なコンディションをつくる手法をどうやるのかわからないので、案じる。
なので、こんなことを思っているのでしょう?
飛び込みで、「下半身を鍛える」
ピッチングに必要な「肩の筋肉を鍛える」
そんなことを考えているのかと思われます。
ところが、
これだけでは、決して素晴らしい投手にはなることできません。

それは、トレーナーの森部くんから言わせるって、前近代チック展開とした言わざる負えないそうです。
となると、
いかなる展開を行うのか?当たるところですよね。
その森部くんが、高橋くんなどに行った展開というのもは、いかなるのがあるのか?どういうことを教えているのか?効果はあるのか?っていうのは、高橋くんとかは気になるものですよね。
延々と要覧を集めているのでしょうけれども、従来わたし言っていることがバラバラで、自主展開をしているのですが、効力が上がっているのか?わからなくて不安である。
達人も納得して実践している確実な展開方法を案じる。って、言うのもあるので、そっちのエリア、元プロのスポーツマンの見解もありますから。
そのあたり、どういうことを言っているのかいささか意気には変わるそんなところでもありますよね。
そういった高橋くんだのですけれども、
まずは、効力としては、外傷しなくなった。

高橋くんとしては、それが1番すごいものであるでしょうね。
そして、高橋くんが、言っておられたのは、達人に入ってこの展開を行ったことにて、進度が早くなった結果、自信を持つ実態できた。それが良かった。
進度が上がったことにより、安心して、抑止の皆さんに集中できるようなこともあるそうです。
高橋くんだけでなく、延々と告げる、教わるほうが多いことで、信頼される結果、とことん展開に励めるという実態なのでしょうね。
他にも如何なるほうがそういった展開について、やっているのかな?
として、公表している自身はですけれどもね。
それはですけれども、さきほどあげました、元ソフトバンクオリックスの投手であった高橋投手。他には、2008北京オリンピックでヨット49erステップとしてあっぱれ12辺りに入った石橋顕スポーツマン。
ラグビートップリーグ日本一になったときの東芝の部長富岡スポーツマンなどです。

なので、この高橋投手。競技は違いますが、石橋スポーツマン、富岡スポーツマンも行って要るそういった展開をする結果、なんでなりますか?
このプログラムでは、
・手をスイングする速度の速さ
・踏み込みの強さ
・コンディションが良くしなる弾性
・歩きの速さ
・腕力の強さ
・各関節のでかい可動性
など、これ以外にも投手に必要な合計を、そういったプログラムで躾&付け足し、球速を140食い違いレベルまで引き揚げます。
これは、知恵や感度とか関係ないそうです。
150食い違い以上は、知恵や生まれつきの外見を含めた知恵が関係しますが、140食い違いレベルまでは、良い展開をこなす結果、誰にでも到達する実態できます。
これまで必要で様々競技のアスリートと関わり肉体チェンジといった振る舞い成長の指導してきた経験から、いかなる自身も実践して、総合的に、そして飛躍的に結果が出る知らせとなっております。
実践すれば、飛躍的に結果が出ます。
また外傷や、たちまち命がけできなくなるような間違った展開はないので、後々、肩やひじ、首を壊すようなことは一般なく、警護できるようになっていますので、100パーセント安心して取り組む実態できます。


ピッチング・スピードアッププログラム


お疲れだ。
やりました。昨今、開幕ですけれども、勝ちました。去年は4連敗性能だったのでね。それでですけれども、去年は、ファクト開幕から1試合も5割を超えたことがないピークであり、さみしい実感しましたけど、
その感じは、昨今勝ったので、首位ですし、あした勝って、勝ち越しからスタートしたいところでは芽生えるね。
いやはや、見たい店。それは振る舞い報知であり、11情勢からのですけれどもね。スカパー!でのチャンピオン野球報知あるのですけれども、それをね。みたいな?というね。思ってはいます。
で、ヤクルト以外ではあるのですけれどもね。広島のジョンソンですけれども、5回も持たずにイチコロになった状態ね。それはミラクルね。これが、前年と違って、流れが去年は合計カープの工程だったのが、それがこっちではないのかな?それを象徴するパターンかな?ってね。思ってはおるのですよね。
あとは、ジャイアンツは適切に勝った?

で、他の遊びはどうなったのかな?発想には変わるところではいるのよね。
そういえばですけれどもね。ハムは大谷が足の垣根でWBCにですけれどもね。辞退に関してになったわけでね。
それでさすがに開幕投手にはできないし、先発投手としてのですが、操作はできていないわけでね。今年はですけれども、DHでスタメンで野手メインで、たまに、リリーフをするのかな?とも思うのですけれどもね。
たいてい、二刀流にですけれどもね。引き上げる場合であれば、やはり野手でルール打席を達成するのはもちろんという結果、そして、投手というのをね。そうなるとね。
こうなってしまうとね。DHないしはよそ者でリリーフしかできないのよね。
ということでもあるけれどもね。そういうのってね、どうかな?といったね。
おおよそ、二刀流出るのであればね、そうするしかないでしょ。ってね。
吐露戻してですけれどもね。開幕ね。勝てば最高ですが、負けたら、予め開幕戦ではあるのよね。そういうこと。

で、前年のことをね。考えることをね。勝ったのは良かったですしね。
アスリートね。危険よね。今日はナイターであしたはデーゲームという結果、本当ね。
起きる時間も違うし、今日はナイターでやにわに寝て、早い時間に起きないといけないのはね。大変ですよ。
先ず、明日の先発投手はですけれども、この日に備えているから喜ばしいものではあるけれども、野手はね。本当。これで勝っていて、思い素晴らしくできていれば良しけれどもね。
負けていたとしても、ぼろ損害とか、翌日に引きずらないような感じではあるからね。
そんな感じであるとね。どうだろう?

で、開幕投手ってちょっとエース同士の勝負をね。していかないといけないわけでね。損害が貫くってね。ちょこっとね。この流れになってしまうので、今年はこういう貧困クジみたいな投手は誰かな?ってね、幸いですけれども、ウチの石川はですけれども、昨今勝つ状態できたのでね。そこから奮闘をしてほしいね。で、次は苦手のアウエーか。
というのは、昨日、球枚数は多かったとはいえ、何とか調子よくなったところだったので、もったいないといえば、勿体ないのですけれどもね。
も、外人投手を希望の関係ではあるのですけれどもね。希望消しないといけないわけで、ここで1第三者を洗い流すことになるのには、良い結果だったのかな?ってね。
ルーキはナイス投球したが、ギルメットは未だダメについて。そして、今日の先発投手のですけれども、オーレンドルフってブキャナンを先発周期で回すこととなりそうなので、これは、両先発投手のファッションにはやってくるのですが、結果オーライになるかもしれないです。
これで、先発投手のどちらかがわるかったら、ファーストの外人だグリーンを入れて、賢く畠山を休ませながら、使っていくのかな?ってね。思うところですけれどもね。
一層、4月の終わりの店までそのあたりまでで使えそうな隊員ってそうでない方を見る時間にはなっていくのかといった。

で、昨今ですけれどもね。テレビで見ると定める。
今日はスカパーではなく、BSで眺めることと行なう。OBだ宮本慎也がですが、辛口な解説をできるのでは?とも思っています。
NHKで解説をしていると必ず神宮に来る時は決してはないですし、それもマイクの前で話すことっていうのは、ほとんどは多くはないのでね。
で、今日の試合。先発投手が両方NPBのですけれども、初登板であるから、昨日のマツダ仕事場ではないが、大量得点の取り合いになって、デーゲームなのに、5日数遊びになってしまい、終わったら、ナイターに関してになってしまう可能性もありそうですね。
うしろの本旨芽生えるかたは、困った感じになってしまいそうね。夜勤の前に野球という感じですってね。今日はそういうことには向かない試合にはなってしまいそうね。
そんなのもあるけれども、不安であるけれども、まるまる違う方角にもなりそうな感じでもあるね。なるほど行きたかったわ。

よし。ようやく始まりますね。今日の試合でね。いかなる試合をね。始めるのかな?って思ってはあるけれどもね。
ってな結果ね。宮本慎也ですけれども、どういう感じで、古巣ヤクルトを斬るのか発想にはなっては顕れるのよね。
で、2番ショートから見定める野球観というのもね。発想には至る店ね。
それは他のクラブ。他のクラブの1,2番バッター。あとはですけれども、内野ノウハウ。とくにショート。セカンドですけれども、そのあたりのアスリートですけれどもね。如何なるクチコミにおいてみているのか?ってね。目標本位で思うところでは生ずるのよね。
そんな感じでね。見ていて、どういう感じで野球観を持っているのかな?ってね。それを聞いて、如何なるプロデュースになるのかな?といったね。思っているのよね。
そういった試合なんですけれども、殊に、両クラブともにですけれども、初登板ので、試合が読めないですね。
開幕戦などのエース勝負であれば、トロトロのメドはたつのですけどね。

いやあ、いかなる試合になるのか?としていたら、ようやく初版は荒れるようなそんな感じでね。いますね。
で、ベイスターズのルーキー投手ね。凄いね。結果はわからないけれども、手法振れているからね。今永や開幕投手をしたのですけれども、彼も生きの良い投手ですしね。そういう投手っていうのは、ヤクルトにも来てほしいけれども、きませんね。
っていうのは、近隣がないのか、スカウトの手法が安いのか?ちょこっとわからないですけれどもね。
で、まだまだ居る投げて起こるルーキーちゃん。けん制とかフィールディングが良さそうなのでね。投球に集中できるのかな?といったね。職場、球が動く、削除気味に生まれるし、チェンジアップも良的ね。
という結果ね。今日の試合からそのあとにですけれども、対戦していってから、何故成長していくのかな?
見ていて、ああいう生きの良い投手っていうのは見ていて、ヤクルトにはなんとなくいないタイプだから羨ましいものですよね。

勿論ね。試合がながくなりそうなそんな感じね。
4日数遊びにはなってしまいそうね。さすが初版というか、立ち上がりっていうのは、いかなる投手も負担し、ここが勝ち負けなのかもしれないですね。
初版から良い打順に回って出るわけなのでね。そういうことをね。考えるとね。初版っていうのは、勝ち負けをね。していかないとね。ダメですよね。
で、2回になると、打順が下がってくるからね。あまり考えるとね。初版といった1度投げて、2回になると風情とかそういうのもあるけれども、慣れてはしまうからね。
いったい、2回になると、落ち着いて生まれるな?というのもありますけれどもね。
で、投手が打順に入ってくるのもあるからね。そこで落ち着いてアウトをしっかり取るということがでね。見込めるっていうのは、DHのないセリーグの価値でもあるしね。
で、DHをセリーグでもっていうのあるけれども、それは大否定ですね。
必ず9第三者で野球手がけるものですしね。

投手も打つことが好きなアスリートというのも多いですしね。でも、自立リーグとか、アスリートが少ないのであれば、DHをあって、投手交替を打順でしかたなく交代して行く結果、アスリートがいなく陥るような困ったことにはならないようにってね。しておきたいけれどもね。
あとはですけれどもね。果たして、セというパでは微妙にやることが違っても良いのかな?って思ってはいますね。
すこぶる同じ条件でやってもオリジナリティーでないわけですしね。
筋道かわってね。筒香のですけれども、スパイクなんですけれどもね。ナイキからビムロに変わっていますね。
いま、増えたよね。イチローも頼るし、おいらも草野球をする状態あったら、買ってみたいね。たしか?国産でしょ。それってね。でっかいよね。足にはっきりなじみそうですしね。
やっぱり靴っていうのはね。良いものをね。履きたいですしね。足元から敢然したいところですね。
あれ?WBCのときから、ビムロだったっけ?って思うね。

なんとか始まりましたね。
っていうのは、夜に、11情勢からチャンピオン野球が開催している日には、チャンピオン野球報知をやっているとしてね。
色々履歴が入っているっていうのはね。あるからね。次の対戦旦那とかを見るというのもあるのですけれどもね。
相変わらず、4月なんでね。いよいよなのでしょうけれどもね。
わかった状態ね。打線ですけれども、川端がいなくても打線が活発なのは、良いことでは起こるよね。
昨日は、3番山田、4番バレンティンが当たっていなかったのもあるからね。それで打てなかったとして、勝てなかったのも留まるね。
但し、今日は、欲しよ店、依然として、当たっていないという隊員いないのと、ここは、素晴らしいパーセンテージ。それに心配であるのは、畠山ですけれどもね。ファッション悪かったもので、ホームランを打てた結果、良いスタートを下回る状態できたのかな?
昨今ってこれからのですけれども、遠征も考えると愛くるしい選別できたのかな?

う~ん。繊細。っていうのはね。打つバッターですけれども、そういったときにですけれども、勝ち負けを避けても安全としてあると、間際にストライクを取りやすいというのもいるね。
そんなところでもあるから、バントって、一長一短あってね。アウトを上げるというのもあるから、いい面もあるし、そうではないところではあるからね。そんなことを考えて采配をふるってほしいしね。職場、バントして、あとのバッターで打ち取られたとしてもですが、そんなになったとしても、やることにてダメだったというふうに姿勢良いですからね。
これで、駄目アウト1塁で打ちをめぐって、両人演奏になってランナーがですけれども、入れ変わってしまうとね。いなくなってしむといったね、装いといった風情っていうのはね。少ないからね。で、オーレンドルフのクチコミね。どうかな?ってね。
職場何回は契機あるかとは思うね。次は、1ウィーク後の広島相手にどうなるかね?

で、そうなるとリリーフですよね。ここが機能するか甘んじるかが勝ち負けでね。
優勝したときはですけれどもね。後ろの外人来るけれども、3第三者がきちんとしのいでくれたし、秋吉も良かったし、久古が左を一概に押さえるというそういうのができると素晴らしいのですけれどもね。
それが本年できるのか?完成の方程式ができるのか?というところですね。
前年も広島はね。優勝したのは、ジョンソン、野村。黒田などの先発投手の奮闘もでかいですけれどもね。でも、リリーフの外人ですけれども、ヘーゲンズ、途中から先発に行ったけれどもね。その代りに今村ね。で、8回は、ジャクソン。最後に、中崎みたいな方程式なんですけれどもね。そういうのが取り去れるクラブっていうのは、手ごわい意図なのでしょうけれどもね。
そういった面では、ベイスターズですけれども、新しい外人のパットンが良さそうでね。次いで7回、8回にスタイル球を投じる三前方。クローザーに山崎ですね。

ということをね。考えると、他のセのクラブってね。裏手はしっかりしているクラブに関してになると、ジャイアンツ?
沢村いなくて、新外人が嵌るかですね。山口いて、マシソンいるので、かりになりそうなのですけれどもね。どうしても思うとね。リリーフきっぱりやるのはいのちね。
で、ウチ。秋吉は本当は、8回がベストなんでしょうけれども、石山も良いですから、石山8回で、その前にルーキいて、秋吉がフィニッシュ9回という印象できそうですから、あとは、左の強打者が多いセリーグでですけれどもね。そんなところでの左殺しという意味ではね。ぜひ久古の立て直しをね。下さいね。
秋吉が、なんら位置づけ後の祭りんでね。左の強打者だ筒香や阿部、糸井などいるので、そこを口調できっちり抑えてくれるような投手いて得るという、選択肢が増えますからね。
しっかり、先発は5回で3詳細までにしていれば何とか打線のバーストキャパシティー起こるのね。

そういうことでね。なんとか接戦に盛り込む状態というのが重要ではあるかとね。そんなふうに思ってはいるのよね。
で、打たれてしまったら。仕方ないというふうに思われてほしいくらいのアスリートでてほしいけれどもね。どうなっているのかな?そういうことでね。
で、阪神とか中日の評価がおいらとしては乏しいのは、必ずしもリリーフで不安がある店、そして、打線がちっちゃいというところね。そこがハード問題であってね。いくら詳細をまったくね。返る悩みあるとね。原動力というのがね。上がっては欠けるというのもあるしね。
で、どうでしょうかね?では、1周囲。全部のクラブといった対戦してみて、4月が終わってみての意見を持ってからですね。ゴールデンウイークが終わってから、そこからが勝ち負けでね。接触戦ですよ。これって、直勝負ではないので、勝てば大契機でね。遊び差が大きく変わってくれるのでね。パのクラブの援護に欲しよところでは起こるね。

さあ、将来ね。来週は野球観戦にでもまずは行ってこようかは思ってはあるけれどもね。
で、来週の今更はですけれどもね。BCリーグのターゲット開幕戦も行ってきて、どっちが勝っても大丈夫ように、気楽に試合が観る状態できるようにとね。思ってはいますね。
で、来週までに色々先ぶれ用の色紙を以ていこうってね、そんな脱皮というのをね。しておこうとね。思うのですけれどもね。
これからですけれどもね。それでは月日を見て、行きたい試合といったそうではない試合というのもあるから、その実感をね。感じておこうとね。おもうところではあるけれどもね。
ってな感じですね。
今年はピンポイントでしぼって、野球観戦にでもでかけておこうといったね。思います。儲けないから、そのあたりをね。考えるとね。しぼっていかないとダメであるからね。
ってな感じでね。
はい。金曜にですけれども、色紙や魔術などを用意しようってね。あとは、携帯の充電忘れないようにしないとね。

一心不乱、イイものではありますね。
も、複雑でございます。今、シチュエーションを崩さなければ、神宮に行く状態できたのにね。
ふむふむ、失敗しましたね。っていうのは、今、神宮球場に行くつもりではいたけれども、それはシチュエーションを考えたら、行かないで、休息につかった常時は正解だったけれどもね。
神宮にぜひ行って置きたかったね。
山田のホームランをね。見る状態できたわけですしね。バレンティンのタイムリーもあったし、で、最後の最後に、鵜久森が代打でできて、初球をはじめ振りでサヨウナラ満塁ホームランね。
いやはや、実に見極めることのできない。満塁ホームランをあるし、代打で初球サヨウナラホームランも甚だしくしね。
いやはや、9回にまさかの坂口を1アウト2、3塁で迎えて、敬遠して、あえて山田で勝負して、山田を三振。バレンティンをショートゴロで抑えたので、めったに力抜けでしたが、それもありながら、そのあとに最後にああいうドラマが控えるはね。

という、相成りまして、今後の試合の方向にも色々すばらしい方角にかけては行くのかな?ってね。思ってはいるそんなところではあるけれどもね。
昨今良かったのは、将来、代打の決め手になりそうな。元パリーグのアスリート。右側だと、サヨウナラホームランを放った鵜久森。左ですと、ロッテから大松ね。ここがそういう感じで、代打の決め手がいるは大きいね。
そのうちに内野ならばどこでも守れるし、昨年代打成功率が4割近かった今浪。彼も元パリーグ日本ハムね。ショートでセカンドサードも見込めるというのが、非常に大きい店ね。
で、職場気になってはいるのは、榎本ね。彼が打つ状態できるようになったらですけれども、バレンティンや、坂口、雄平のファッション次第では休ませながら、かつ守備力を落とさないように望めるわけでね。火曜日は、藤浪をね。生じるわけでね。そのあたりね。榎本も代打1番手でね。賢く幕開けあるので、結果でてほしいものですね。

で、おいらの中ではこれは他の2カード見ていないで、チャンピオン野球報知って印象ではあるけれどもね。マツダの試合では映像を少しづつではあるのですけれどもね。見定める状態できたから、ある程度は分かるけれどもね。
ひとまず、ウチは今の感じであれば。4位は何より測定かな?ともいえる献立ね。
これは個人的な印象で、1周囲当たってみての意見って、4月終わってみて、では、GW終わってみて、そして、いまですと、接触戦始まる前。終わった後、オールスター前のブレーク。
ここが様々変わり目であって、オールスター明けって始まったら、更に6連戦で二度と夏は出向くわけで、突然秋になっていくようになるし、どんな夏になるのか?
ストーブリーグになってしまうのか、優勝競合いになっていくのか、それとも失速してしまるのか、ここらである程度の小物っていうのはね。わかってはきますからね。
で、今年の目下をね。思ったことを書くとしようかな?

やはりと思ったのは、本年前方と思ったのは、ベイスターズって広島なんですけれども、それでは広島、旦那の自滅に助けられたに関しまして。いっぽ間違えたら、3連敗もあったわけでね。
それをターゲット開幕とはいえ、2勝1敗の勝ち越しができたことが幅広い。
本当は、ビジター。甲子園はセンバツで使えないので、京セラも無理でか、強行してほっと益々神戸での開幕の就職もあったのですが、それをしないで、開幕戦をやる恩典を放棄してくれたから、広島でできたわけでね。これは大きいし、ジョンソンが思い切り大荒れでイチコロされながら、2戦目、3戦目には勝てたっていうのはね。
もし、優勝したら、2戦目で劣勢から勝つ状態できたについてね。
で、阪神ね。メッセンジャー。岩貞。藤浪が投げていらっしゃる間は手強いけど、あとは貧弱でとくに守備のザルさは難しいね。年間100過誤は固いでしょうね。
職場、リリーフのドギマギ振りを見てしまうとなんともところですね。

で、先発3枚以外ではたいてい、有利にはなっていく状態できるのはね、良い感じですね。勝率も行っても5割かな?という感じでね。そんなに打てる状況もないですしね。ただ、ターゲットの甲子園とかですと、ヤバイ風情がね。あるからそれに飲み込まれない状態ね。
とにかく、先発投手をマウンドから早めに下ろす状態。そっちいのちね。
あとは、左打者が多いので、左のリリーフが、中澤か久古スタンバイというところにはなってはいらっしゃるのかな?ってね。
で、中日ね。強いよね。勢いを前年のウチにあたってつけてしまった。ベイスターズさんなんとか勢いをとめてほしいね。で、ただ今永、井納というところが残っていますからね。さほど、ウチが舐められて加わる理由ではあるのですが、ここで敢然として加わるのかな?というね。
中日はなんとか高橋周平って福田が使えるような感じで、本年行ったほうが、良い結果現れるのかもというかってに思っています。今年も凄い抵抗が貫くかな?って思いますね。